Group With

-海外で暮らす家族と共に -
 
公開リスト一覧
 
こころの相談機関リスト

 
障がいを持つお子さんと海外で暮らす


海外日本人学校におけ
特別支援教育
心身の発達に障がいがあり、特別な支援を必要とする児童・生徒の受け入れ一覧  
 
海外幼児教育施設の障がいを持つお子さんの受け入れ状況




上記のリストはGroup Withが独自に調査・作成したもので、毎年更新しています。ご協力頂いた各関係機関の皆様方に心より感謝申し上げます。
 
COUNTER6158549
       Group With
      -海外で暮らす家族と共に-
     
 
    最終更新日 2018年11月
 

 フランス・パリ 「邦人からの相談件数」(1985/4/1から2004/12/31)


フランス・パリの太田博昭先生から朝日新聞記事(200522日掲載)取材の際に集計されたデータをご提供いただきました。先生のご承諾を得てここに掲載いたします。
 

相談件数       

1985年4月1日から2004年12月31日まで

(仏、パリ)   

   

1985年       3人
1986年       4人
1987年       8人
1988年      29人
1989年      43人
1990年      51人
1991年      71人
1992年     110人
1993年      92人
1994年     112人
1995年     132人
1996年     126人
1997年     132人
1998年     114人
1999年     124人
2000年     123人
2001年     145人
2002年     130人
2003年     115人
2004年     122人
合計     1786人
 
相談の男女内訳
 


 
5歳以下 27 10 37
6-12歳 34 15 49
13-17歳 25 31 86
小計 86 56 142
 


18-20歳 12 20 32
20歳代 103 407 510
30歳代 134 454 588
40歳代 89 231 320
50歳代 41 78 119
小計 379 1190 1569
 


60歳代 14 30 44
70歳代 0 2 2
80歳代 1 0 1
小計 15 32 47
 
この統計は1985年4月1日から2004年12月31日まで20年間のデータです。相談件数は1992年以降年間約100件相当です。年齢別の集計は、欧米では18歳以上を成人とみなしますので、就学前(5歳以下)、就学中(6-17歳)、それ以降は18歳から20歳を1つにまとめ、20歳以上は10歳単位としました。各項目は男女別に表示しています。17歳以下では男子のほうが女子よりも件数が多く、年齢が低くなるほど男児の相談が増えています。 13?17歳で男女が逆転し、それ以降は女性からの件数が圧倒的に多くなります。ピークは30歳代女性、第二は20歳代女性、第三は40歳代女性、かなり離れて30歳代男性がきます。高齢になるほど男女差は少なくなり60歳以上からの相談はかなり減ってきます。