日本人学校の障害児受け入れ状況一覧 Ⓒ2006-2021Group With

学校名

北京日本人学校

The Japanese School of Beijing

地域 アジア
所在地 中国
HP http://jsb.official.jp
在籍者数
受け入れ

原則受け入れていない
状況:施設設備、および人的側面において、対応が困難である。相談があった場合は個別に受け入れを検討する場合や、新・編入学後必要に応じて個別の支援を行っている

条件

相談時に状況の聞き取りを行うと共に、児童生徒本人及び保護者との面接を行い、学習や生活の状況・必要な支援の内容、保護者の協力体制、等を元に受け入れ可能かどうかを検討し総合的に判断して、最終決定する

学年

小学部1年から中学部3年

障害種類
担当者/資格

担当者:1〜2名 
資格:特別支援学校教員免許状所持者

特別支援学級

なし(設置予定  なし)

取り組み

・特別支援教育委員会を設置し、定期的に特別支援教育が必要な児童生徒、配慮が必要な児童生徒についての情報共有、指導や支援方針の検討等を行っている
・支援や配慮が必要な児童生徒について、担任と通級担当者が連携し、必要に応じて取り出しやT・Tの体制での学習を行っている

※現在本校に編入の際には中国入国地(北京市以外)で21日間隔離、北京に入ってから14日間の健康観察を経てからでないと登校ができないため、該当者には登校が可能となる日までの期間の学習保障として、授業のオンライン配信を行っています

配慮
<教育面>個別の指導計画を作成して、教員の共通理解の下、指導に当たっている
<教材等>大型タイマー、イヤマフ等、支援対象の児童生徒の状況に応じて使用できるよう整備している
相談先

特別支援教育総合研究所・発達障害教育情報センター

他の連携

R1~R3筑波大学付属特別支援学校(文科省事業:高度グローバル人材育成事業 共同実施)

希望する支援

施設のバリアフリー化
特別支援教育の資格を有し、指導経験のある教員の確保
医療機関等の専門的知識を有する専門機関と連携ができる体制

更新 2021年8月末時点
010
学校名

上海日本人学校 虹橋校

Shanghai Japanese School

地域 アジア
所在地 中国
HP http://www.srx2.net.cn/
在籍者数
受け入れ

受け入れる

条件

WISC3・4等の発達検査及び医師の診断・原籍校の担任からの情報・保護者及び本人との面接結果を基に、校内の就学指導委員会で検討・決定する
編入希望者はホームページに記載の案内に従い申し込み。特別支援編入学説明への出席
本人及び保護者との面接

学年

小学校1年生から6年生

障害種類
担当者/資格
特別支援学級

あり

名称:虹の子
定員:あり

問い合わせ先: 虹橋校 電話又はメール

取り組み

特別支援学級での学習と交流級での学習
特別支援教育コーディネーターの配置

配慮

<教育面>
個別の支援計画の作成

<設備面>
特別支援学級を2学級専用として設置

相談先

なし

他の連携

なし

希望する支援

特別支援教育の資格を有し、指導経験のある教員の確保が必要
専門的知識を有する医療機関との連携

更新 2019年9月時点
020
学校名

上海日本人学校 浦東校

Shanghai Japanese School Pudong Campus

地域 アジア
所在地 中国
HP http://www.srx2.net.cn/sjs-pudong/
在籍者数
受け入れ

2022年度より虹橋校にて受け入れる

条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級
あり(2021年度末まで)

名称:すずかけ
定員:あり
 
取り組み
配慮
相談先

特になし

他の連携

なし

希望する支援
更新 2021年9月時点
030
学校名

杭州日本人学校

Hangzhou Japanese School

地域 アジア
所在地 中国
HP http://www.hzjschool.com/
在籍者数
受け入れ

保護者・本人と面談の上、受け入れを検討する

条件

保護者による送迎
もしくは、保護者会で運営する学校送迎バスに一人で長時間乗り、座っていられること

学年

面談により判断する

障害種類
担当者/資格

専任の担当者・有資格者はいない

特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み

・保護者が医療機関での受診結果を本校に提出し、個別の支援の仕方について担任や管理職と充分に相談したうえで通常の学級における指導を行っている
・毎月特別支援教育委員会を開き、個別の指導について確認、検討を行っている

配慮

<教育面>全校行事などでは、個別に休憩の回数を多くとるなどさせている
<設備面>特になし

相談先

特別支援教育総合研究所・発達障害教育情報センター

他の連携

なし

希望する支援

カウンセラーの巡回指導など。ただし学校には予算はなく、国や関係機関による支援が必要

更新 2021年9月時点
060
学校名

広州日本人学校

Japanese School of Guangzhou

地域 アジア
所在地 中国
HP http://jsgcn.com/
在籍者数
受け入れ

原則、受け入れていない 
理由:支援体制が整っていないため(主に人的、施設・設備面等)

条件

事前に相談を受け、検討後、本人・保護者と面談を行う。対象児童の学習、生活状況を確認の上、受け入れが可能であるかどうかを判断。理事会で承認。(他の児童への学習・運動の機会を妨げる行動をしない。特別な支援が出来ないことを理解した上で、必要に応じ、保護者の付き添いを行える等)

 

学年
障害種類
担当者/資格

担当者なし

特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み
配慮
相談先

特になし

他の連携

なし

希望する支援

適切な人員を確保するための資金援助・補助
文科省による予算面、人事面での支援
特別支援教育の資格を有し、指導経験のある教員の確保
相談できる医療機関との連携

更新 2019年9月時点
070