日本人学校の障害児受け入れ状況一覧 Ⓒ2006-2019Group With

学校名

シンガポール日本人学校小学部チャンギ校

The Japanese School Primary School,Changi Campus

地域 アジア
所在地 シンガポール
HP http://www.sjs.edu.sg/changi/
在籍者数

特別支援学級16名 通級指導教室10名 (2019/9/1現在)

受け入れ

シンガポール日本人学校チャンギ校に加え、クレメンティ校も特別支援学級(知的障害、自閉・情緒障害学級)と通級指導教室(情緒)を令和元年度開設した(各々学区あり)

条件

原則として障がいの程度や受入体制などを考慮し、年に一回10月の就学指導委員会で面接・児童観察等を実施して判断する(令和二年度の編入学の申込期間は令和元年9月1日から27日(金)17時まで)

学年

小学校1年生から6年生

障害種類

知的障害、自閉・情緒障害、発達障害など

担当者/資格

担当者:特別支援教育コーディネターを含む15名(教諭8名・支援員7名)
資格: 特別支援学校教諭免許保有者 7名
    特別支援教育経験者 10名
    

特別支援学級
5学級あり
 ・シリウス1~3(知的障害)・アルタイル1~2(自閉・情緒障害) 
他に、通級指導教室(情緒)あり(スピカ教室1~2)
定員:あり
問い合わせ先:「特別支援教育について」小学部チャンギ校、「編入学について」 シンガポール日本人学校事務局
取り組み

(1)特別支援教育コーディネーターを中心にインクルーシブ教育を展開
(2)保護者との就学・進路相談や個別の教育支援計画及び個別の指導計画の作成により、継続的で発展的な支援を実施
(3)通常学級におけるユニバーサルデザイン授業の研究推進

配慮
<教育面>
個の障がいや成長に応じた教材教具を活用し授業を行っている
自立活動や生活単元学習など、体験的な学習の充実を図っている
<設備面>
特別支援教室(自動ドア、トイレシャワー等の設備あり)、エレベーター、バリアフリーなど
相談先

国立特別支援教育総合研究所、 シンガポール日本人会クリニック、 ラッフルズジャパニーズクリニック等

他の連携

《現地校との連携》必要に応じて情報の入手などを実施する
《情報交換について》必要に応じて、前籍校や帰国先の学校等と実施

希望する支援

特別支援教育を担当する文科省派遣の教員配置、施設・設備の整備

更新 2019年9月時点
170