参考資料 相談機関を探すための参考となるサイトや書籍。全国版(一部東京のみ)

 

International Mental Health ProfessionalsーJapan(IMHPJ)

国内の国際コミュニティのメンタルヘルスに対応するセラピストの協会。HPにセラピストのデータベースあり。登録されている日本人及び外国人のセラピストは日本語のほかに英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語等で相談に応じている。

http://www.imhpj.org/

 

日本臨床心理士会

「臨床心理士に出会うには」を発行。同書には、臨床心理士について、カウンセリングの実際、相談を受ける際の留意点のほか、全国に臨床心理士が働く相談機関の詳細は情報が掲載されている。

http://www.jsccp.jp/

 

多文化間精神医学会

HPは、母国を離れ生活する人が心の問題で苦しんでいる時、援助の手がかりとなるよう作成されている。外国人の心の相談施設情報(日本語)、外国語での医療情報(英語)、海外でのメンタルヘルス情報がある。

http://www.jstp.net/

 

NPO法人 AMDA国際医療情報センター

電話でやさしい日本語により、言葉の通じる医療機関の紹介や医療福祉制度など医療情報の提供を行っている。また、無料の電話医療通訳を行っている。
電話相談:03-6233-9266

http://amda-imic.com/

 

 多言語医療問診票

日本語の話せない外国人が医師の問診を受ける際の手助けとなるよう作成されたフォームで、診療科目別に18言語に翻訳されている。日本語が併記されているので、海外で暮らす日本人にも役立つ。医療関連情報リンクには、全国の外国語で受診できる医療機関(精神科、神経科を含む)が掲載されている。

http://www.kifjp.org/medical/