日本人学校の障害児受け入れ状況一覧 Ⓒ2006-2021Group With

学校名

北京日本人学校

The Japanese School of Beijing

地域 アジア
所在地 中国
HP http://jsb.official.jp
在籍者数
受け入れ

原則受け入れていない
状況:施設設備、および人的側面において、対応が困難である。相談があった場合は個別に受け入れを検討する場合や、新・編入学後必要に応じて個別の支援を行っている

条件

相談時に状況の聞き取りを行うと共に、児童生徒本人及び保護者との面接を行い、学習や生活の状況・必要な支援の内容、保護者の協力体制、等を元に受け入れ可能かどうかを検討し総合的に判断して、最終決定する

学年

小学部1年から中学部3年

障害種類
担当者/資格

担当者:1〜2名 
資格:特別支援学校教員免許状所持者

特別支援学級

なし(設置予定  なし)

取り組み

・特別支援教育委員会を設置し、定期的に特別支援教育が必要な児童生徒、配慮が必要な児童生徒についての情報共有、指導や支援方針の検討等を行っている
・支援や配慮が必要な児童生徒について、担任と通級担当者が連携し、必要に応じて取り出しやT・Tの体制での学習を行っている

※現在本校に編入の際には中国入国地(北京市以外)で21日間隔離、北京に入ってから14日間の健康観察を経てからでないと登校ができないため、該当者には登校が可能となる日までの期間の学習保障として、授業のオンライン配信を行っています

配慮
<教育面>個別の指導計画を作成して、教員の共通理解の下、指導に当たっている
<教材等>大型タイマー、イヤマフ等、支援対象の児童生徒の状況に応じて使用できるよう整備している
相談先

特別支援教育総合研究所・発達障害教育情報センター

他の連携

R1~R3筑波大学付属特別支援学校(文科省事業:高度グローバル人材育成事業 共同実施)

希望する支援

施設のバリアフリー化
特別支援教育の資格を有し、指導経験のある教員の確保
医療機関等の専門的知識を有する専門機関と連携ができる体制

更新 2021年8月末時点