日本人学校の障害児受け入れ状況一覧 Ⓒ2006-2021Group With

学校名

ジョホール日本人学校

The Japanese School of Johor

地域 アジア
所在地 マレーシア
HP http://www.johor.kiramori.net/index.html
在籍者数
受け入れ

受け入れは困難である 
理由:教員、施設設備等の実情から、受け入れる余裕がない

条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級

なし

取り組み

定期的に校内特別支援教育委員会を開催し、児童生徒への指導・支援について共通理解を図っている

配慮
相談先
他の連携
希望する支援

特別支援教育を担当する教員の配置、施設・設備の整備

更新 2018年9月時点
190
学校名

釜山日本人学校

Pusan Japanese School

地域 アジア
所在地 大韓民国
HP http://busanjs.com/
在籍者数
受け入れ

受け入れが困難である

条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級
取り組み
配慮
相談先

特別支援教育総合研究所・発達障害教育情報センター

他の連携

チャンウォン大学

希望する支援

現在、7人の教員で小1から中3までの9学級を担っている。特別支援教育を担当できる教員の増員が必要

更新 2018年9月時点
310
学校名

グアム日本人学校

The Japanese School of Guam

地域 北米
所在地 米国
HP http://japaneseschoolguam.com
在籍者数
受け入れ

面接等により個別に判断し、受け入れの可否を決定する

条件

学校施設そのものが狭いことと、障がい者のための施設が無いこと、さらに職員数に余裕がないこともあり、重度の障がいで、全日一人の支援員が必要な児童生徒の受け入れはできない

学年

どの学年でも可能

障害種類

面接等による個別の判断結果による

担当者/資格

1名 (臨床発達心理士の資格保有者1名)  特別支援担当者を中心にチームを組んで支援している

特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み

在外教育施設なので、職員数も限度ぎりぎりである。しかし、軽度の障がいをもった児童生徒が編入することもあり、職員で特別支援に関する研修を行っている

配慮

<教育面>

障がいと受けとらず、個性の一つとして対処していくようにしている。チームを組んでサポートすることにより、学級や担任だけの問題とせず、学校全体の課題として進めている
<設備面>
現在は特に配慮していることはない
相談先

こども医療メール相談:国際小児保健研究会 田中孝明先生

他の連携

今まで、障がいがある児童生徒が現地校へ転入することがなかったので、情報交換はなかったが、必要に応じて対応する

希望する支援

専門知識をもち経験のある教員の配置。施設・設備の整備。保護者の理解・協力。グアム政府の専門機関との連携

更新 2018年9月時点
410
学校名

マドリッド日本人学校

Colegio Japonñs de Madrid

地域 欧州
所在地 スペイン
HP http://www.cjmspain.com/
在籍者数
0名(2018 /9/1現在)
受け入れ
受け入れが困難である 
理由:小規模、複式学級であるため、十分な指導体制がとれない。また、専門知識を有する教員の確保が困難であるため
条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級

なし 

取り組み
配慮
相談先

特になし

他の連携

あり

希望する支援

専門知識を要する教員の配置

更新 2018年9月時点
620
学校名

大連日本人学校

The Japanese School of Dalian 

地域 アジア
所在地 中国
HP http://www.japanda.cn/
在籍者数
受け入れ
受け入れが困難である
理由:毎年検討はしているが、現時点では施設設備、および人的側面において、対応が困難である
条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み
配慮
相談先
他の連携

現地の小学校・中学校とそれぞれ交流しているが、児童生徒の直接の転出・転入はない

希望する支援

何よりも、文科省による予算面・人事面での支援が必要

更新 2018年9月時点
050
学校名

深セン日本人学校

Japanese School of Shenzhen 

地域 アジア
所在地 中国
HP http://www.jsszcn.com/
在籍者数

支援により通常の学級で活動できる在籍者はある

受け入れ

原則として、受け入れはしていない(応相談)
理由:支援体制(主に人的体制)及び施設・設備面から、支援が難しい

条件

必要な支援が、学級担任(通常の学級)・教科担任の配慮で対応できる範囲であること
保護者の学校への理解と十分な協力が得られること

学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級

なし(設置予定: なし)

取り組み

職員研修、児童生徒交流会において各クラスの情報交換を2カ月に1度行っている。
通常の学級における配慮を要する児童生徒については、ケース会議を実施し、学校でできる必要な対策を講じる。

配慮
相談先

なし

他の連携

保護者の了解のもとでの支援計画等の引き継ぎは可能です

希望する支援

(このリストをご覧になった本校入学希望の保護者へ)
児童生徒に必要な支援は程度・種別ともに多岐に渡ります。本校への入学が可能かどうか、自身で判断されず、ご相談ください

更新 2018年9月時点
090
学校名

グアテマラ日本人学校
Escuela Japonesa en Guatemala

地域 中南米
所在地 グアテマラ
HP http://guatejapon.main.jp/
在籍者数
受け入れ
受け入れは困難である
 
条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級
取り組み
配慮
相談先

特になし

他の連携

特別な支援が必要な生徒に関することでは,情報交換の機会が無い

希望する支援

本校は,築40年を過ぎた一般の住宅を借り上げて学校運営を行っている。そのために,受け入れに必要なバリアフリー化が全く進んでいない。また,契約が年ごとであるため,改修したとしても,継続して同じ施設を利用できるかどうかの確証もない。そのために,安定した受け入れのためには,安心・安全に皆が利用できる施設・設備の確保が不可欠であり,そのような施設を確保するための援助が必要だと感じる。また,小規模校であるために,特別支援学級を持つことが出来る(経験のある)教師の派遣も難しい。受け入れのためにも,(専門)教員の加配も必要だと考える

更新 2018年9月時点
440
学校名

ハノイ日本人学校
The Japanese School of Hanoi 

地域 アジア
所在地 ベトナム
HP http://www10.schoolweb.ne.jp/swas/index.php?id=4810002
在籍者数
受け入れ

受け入れは困難

条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級
取り組み
配慮
相談先
他の連携

特になし

希望する支援

人的、物的な支援支援体制 特に特別支援教育に造詣の深い教員の確保と施設・設備面の充実

更新 2019年9月
270
学校名

ニューデリー日本人学校
Japanese School New Delhi

地域 アジア
所在地 インド
HP http://www.ndjs.org/
在籍者数
受け入れ

WISCⅢ・Ⅳ等の発達検査及び医師の診断、原籍校からの情報、保護者及び本人との面接結果を基に、校内の就学指導委員会で検討・決定する

条件

編/転入希望者は、 info@ndjs.net 宛に事前に問合せ、本人及び保護者との面接を行う

学年

小学校生(在籍状況により変化)

障害種類

情緒障害

担当者/資格

担当者1名/特別支援学校教諭免許保有

特別支援学級

あり、定員あり  問合せ:本校教頭

取り組み

特別支援学級での学習支援と交流級での学習、特別支援教育コーディネーターの配置(特別支援学級担任が兼任)

配慮

 <教育面>個別の支援計画の作成、<施設面>特別支援学級としてカウンセラールームを使用

 

相談先

本校スクールカウンセラー(非常勤)

他の連携

特になし

希望する支援

近年の急激な児童生徒数の増加に伴い、支援を要する児童生徒も急増しているため、特別支援教育に係る派遣教師増員の支援を希望する

更新 2019年9月時点
250
学校名

ブエノスアイレス日本人学校

Asociation Cultural Y Educativa Japonesa

地域 中南米
所在地 アルゼンチン
HP https://jpschoolarg.wixsite.com/mysite
在籍者数
受け入れ

受け入れる

条件
 
学年
障害種類
担当者/資格
1名(特別支援教育コーディネーターとして。特別支援教育の経験がある)
特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み

特別支援教育コーディネーターを置き、対応できるようにしている

配慮
相談先

特別支援教育総合研究所・発達障害教育情報センター

他の連携
一般的な情報交換はあるが、特別支援に関する情報交換はない。ただし、必要に応じて特別支援に関する現地の情報を得ることはできる
希望する支援

その都度、相談

更新 2019年9月 時点
420