日本人学校の障害児受け入れ状況一覧 Ⓒ2006-2019Group With

学校名

ローマ日本人学校

Scuola Giapponese di Roma

地域 欧州
所在地 イタリア
HP http://www.scuolagiapponeseroma.it/
在籍者数
受け入れ
受け入れが困難である
理由:特別支援学級がない。新設しても教員数が足りない
条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級
取り組み
配慮
相談先
他の連携

なし

希望する支援
(1)特別支援学級の新設、(2)教諭の増員、(3) (1)と(2)に対する経済的措置
更新 2019年9月時点
560
学校名

ミラノ日本人学校

Scuola Giapponese di Milano

地域 欧州
所在地 イタリア
HP http://www.mngitalia.net/
在籍者数
受け入れ
受け入れが困難である 
理由:施設・設備、スタッフ等未整備のため
条件
学年
障害種類
担当者/資格

資格者はいない

特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み

不定期であるが校内研修として実施している

配慮

<教育面>座席配置、車いす体験など

<設備面>なし
相談先

特になし

他の連携

なし

希望する支援

人員の確保、施設設備の整備

更新 2019年9月時点
570
学校名

ウィーン日本人国際学校

Japanische Internationale Schule in Wien

地域 欧州
所在地 オーストリア
HP http://www.japaneseschool.at/
在籍者数

0名(2019/9/1現在) 

受け入れ
受け入れる
条件
特にないが、介助を必要とするお子様については保護者の付き添いをお願いしたい
また、校内に身障者用のトイレ等の設備がないことをご理解いただきたい
学年

全学年

障害種類

軽度発達障害<LD,ADHD等>、視覚障害、聴覚障害、知的障害、肢体不自由、病弱・身体虚弱、言語障害、情緒障害

担当者/資格

担当者:資格・免許がある

今年度、免許のある教員はいるが、毎年いるとは限らない

    
特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み

校務分掌として、特別支援チームを設置している

配慮
相談先

With Kidsからの紹介によるカウンセラー

他の連携

特になし

希望する支援

人員配置

更新 2019年9月時点
580
学校名

ロッテルダム日本人学校

The Japanese School of Rotterdam

地域 欧州
所在地 オランダ
HP http://www.jsrotte.nl
在籍者数

0名 (2019/9/1現在)

受け入れ
受け入れが困難である
理由:人的、物理的に整備が整っていない
条件
学年
障害種類
担当者/資格

担当者:資格者なし

特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み

該当の児童・生徒へのサポートづくり(教職員の共通理解)

配慮
相談先

特になし

他の連携

必要に応じて行う

希望する支援

人的配置

更新 2019年9月時点
600
学校名

チューリッヒ日本人学校

Japanische Schule in Zurich

地域 欧州
所在地 スイス
HP http://www.jszurich.ch/
在籍者数
受け入れ

受け入れが困難である

条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級
取り組み
配慮
相談先
他の連携
希望する支援
更新 2019年9月 時点
610
学校名

マドリッド日本人学校

Colegio Japonñs de Madrid

地域 欧州
所在地 スペイン
HP http://www.cjmspain.com/
在籍者数
0名(2018 /9/1現在)
受け入れ
受け入れが困難である 
理由:小規模、複式学級であるため、十分な指導体制がとれない。また、専門知識を有する教員の確保が困難であるため
条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級

なし 

取り組み
配慮
相談先

特になし

他の連携

あり

希望する支援

専門知識を要する教員の配置

更新 2018年9月時点
620
学校名

バルセロナ日本人学校

Colegio Japonñs de Barcelona

地域 欧州
所在地 スペイン
HP http://www.colegiojaponesbcn.org
在籍者数

0名(2018/9/1現在)

受け入れ
現時点での受け入れは困難である
理由:特別支援学級が設置されておらず、専門的な指導力をもつ教員もいないため
条件

特になし

学年
障害種類
担当者/資格

なし

特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み

一人一人の児童生徒の教育的ニーズに対応する体制作りを図る

配慮

現在のところ該当児童生徒は在籍していないため例示するものはない

相談先

特別支援教育総合研究所・発達障害教育情報センター、臨床心理士の会 With Kids

他の連携

情報交換は行っている

希望する支援

専門的知識や技能(資格)を持つ教員の配置、校内設備整備(バリアフリー化や特別支援教室設置等)に対する補助等が必要である

更新 2018年9月時点
630
学校名

モスクワ日本人学校

Japanese School in Moscow

地域 欧州
所在地 ロシア
HP http://www.mosnichi.com/
在籍者数
受け入れ
受け入れが困難である 
理由:人的、施設的に余裕がない状況下で、専門的な指導教員がおらず、講師確保の目途も立たない。身体に障害がある児童生徒についても、施設は健常者を対象とした建物で借用校舎の4階・5階に教室があり、エレベーター等なく、改修は不可能である
条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級
取り組み
配慮
相談先

特になし

他の連携

なし 

希望する支援

専門的教員の配置
特別支援教育に対する児童・生徒及び保護者への理解・啓発

更新 2019年9月時点
640
学校名

プラハ日本人学校

Japonska Skola v Praze

地域 欧州
所在地 チェコ
HP http://www.jpschool.cz/
在籍者数
 
受け入れ
原則、受け入れは困難である
条件

教室移動が1人でできる     一斉授業を受けることができる

学年
障害種類
担当者/資格

特別支援教育の担当者はいない

特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み

特段の取り組みはないが、グレーゾーンの子どもたちに担任が個別に配慮している

配慮
相談先

臨床心理士の会 With Kids

他の連携

特になし

希望する支援

特別支援教育を担当する教員の配置

更新 2019年9月時点
650
学校名

デュッセルドルフ日本人学校

Japanische Internationale Schule e.V.

地域 欧州
所在地 ドイツ
HP http://www.jisd.de/
在籍者数
受け入れ

条件付きで受け入れる

条件

通常学級での一斉指導が困難な場合は、(保護者の負担及び保護者の責任で) 特別支援員を付けることで通学を許可する

学年

基本的には全学年

障害種類

軽度発達障害<LD、ADHD等>

担当者/資格

特別支援免許所持教員 ※ 毎年いるとは限らない

特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み

特別支援教育コーディネーターが特別支援教育部会を開いたり、 必要に応じて就学指導委員会を開いたりして対応する

配慮

<教育面> 担任による配慮(座席の工夫等)



<設備面>  特になし

相談先

臨床心理士

他の連携

特になし

希望する支援

特別支援担当教員の配置(加配として)

専門機関、保護者との連携

更新 2019年9月時点
660
学校名

ハンブルグ日本人学校

Japanische Schule in Hamburg e.V.

地域 欧州
所在地 ドイツ
HP http://homepage.hamburg.de/jshh/
在籍者数
 
 
受け入れ

事前に保護者と十分な打合せをして、受け入れの可否を判断する     

条件

障害の程度による

学年

特定しない

障害種類

特定しない

担当者/資格

資格・免許がある。 今年度、免許のある教員はいるが、毎年いるとは限らない

特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み

全教職員で話し合う場を設け共通認識をしている(不定期)

配慮
相談先

転入時に担当医等との詳細な連携

他の連携

特になし 

希望する支援

担当教員の確保(現有数では無理)

更新 2019年9月時点
670
学校名

フランクフルト日本人国際学校

Japanische International Schule Frankfurt am Main e.V.

地域 欧州
所在地 ドイツ
HP http://jisf.de/
在籍者数
受け入れ

条件付きで受け入れる

条件
事前の個別面談、保護者の協力等
学年

基本的に全学年受入可能

障害種類

程度と総合的な状況による

担当者/資格

担当者 / 資格・免許はない(特別支援教育の経験がある)

特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み
(1)特別支援教育コーディネーターの任命
(2)特別支援委員会を組織し、全校体制で対象児童生徒を指導・支援できるようにしている
配慮

<教育面>当該児童生徒に、(保護者の負担及び保護者の責任で)特別支援員を付ける体制を取った上で入学を許可している。また通常学級での一斉指導が困難な場合は、必要に応じて個別の指導をすることとしている

<設備面>受け入れ体制により、理事会とも協議した上で必要に応じて整備する

相談先
あり
(1)財団法人 海外邦人医療基金
(2)独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所
(3)文部科学省
他の連携

補習授業校及び附属幼稚園との情報交換

希望する支援
(1)特別な支援を要する児童生徒を担当できる教員の配置
(2)出国前から在籍・帰国まで、保護者と学校が連携して日本語で相談できる支援体制の構築
(3)児童生徒へのカウンセリング(医療診察、行動観察、保護者面談等を含む)の実施に向けた関係諸機関との連携
(4)施設設備面での受入体制
更新 2019年9月時点
680
学校名

ベルリン日本人国際学校
Japanische Internationale Schule zu berlin e.V.

地域 欧州
所在地 ドイツ
HP http://www.jap-schule-berlin.de/
在籍者数
受け入れ

要相談

条件
学年
障害種類
担当者/資格
担当者:資格・免許はない 8名
特別支援学級
なし(設置予定:なし)
取り組み

特別支援教育コーディネーターを置き,個別対応体制を作っている

配慮
<教育面>特になし
<設備面>特になし
相談先

特になし

他の連携

特になし

希望する支援

専門的な知識を持った教員の加配と適切な教材

更新 2019年9月時点
690
学校名

ミュンヘン日本人国際学校

Japanische Internationale Schule Munchen e.V

地域 欧州
所在地 ドイツ
HP http://jis-muenchen.blogspot.jp/
在籍者数
受け入れ

受け入れる

条件

面接等により個別に判断し、受け入れの可否を決定する

学年

どの学年でも可能

障害種類

面接等による個別の判断結果による

担当者/資格
特別支援コーディネーターを中心に、特別支援教育委員会で検討し、支援している
特別支援学校教諭免許(旧養護学校教員免許を含む)保有者あり
特別支援学級

検討中

取り組み
特別支援教育コーディネーターを中心に「個別の支援計画」「個別の指導計画」を作成するとともに、児童・生徒の実態把握と特別支援教育の在り方について教員の共通理解を図るために年3回特別支援教育研修を実施している
職員数に限度があり、受け入れに関しては、困難な状況にあるが、個別のニーズに応えるべく教育は、個に応じた教育の一部と捉え、特別支援教育の研修を含めて行っている
配慮

<教育面>障害としてではなく、個性の一部として個に応じた教育を進めている。学級や担任の問題ではなく、学校全体の課題として取り組んでいる
<設備面>エレベーター・車いす用のトイレ

相談先

本校スクールカウンセラーを介して、個々のケースにより現地の相談機関

他の連携

現地校との転出入はなかったので情報交換はないが、必要に応じて対応する

希望する支援

・家族の理解 ・家族と日本での専門機関での様子の詳細 ・現地の専門医療機関の受け入れ態勢と専門機関との連携をサポートする人材が必要 ・障害に応じた支援員等の人材確保

更新 2019年9月時点
700
学校名

ブダペスト日本人学校

The budapest Japanese School

地域 欧州
所在地 ハンガリー
HP http://www.bpjpschool.hu/
在籍者数
受け入れ

受け入れる    

条件

障害の程度により、諸条件と併せて入学許可するか判断する。編入学を希望する場合は、事前に校長と面接を行い、その後、学校運営理事会の承認を得る

学年

小1から中3

障害種類

軽度発達障害<LD,ADHD等>, 知的障害

担当者/資格
担当者:免許所有者2名 
特別支援学級
あり
名称:ドナウ学級
定員:若干名  ( 2017年9月1日現在)
 
取り組み
校内研修の一環として特別支援教育コーディネーターを中心に研修を行い、どの教員も対応できることを目指している
 
配慮

<教育面>授業の中で本人の能力に応じて支援内容を工夫する。できるだけ多くの教員が得意の指導強化範囲内で支援できるようにしている    
<設備面> 特になし

相談先

特になし

他の連携

転入や転出時には、生活や学習の状況を情報交換している

希望する支援

特別支援担当教員の派遣
障害の程度に応じた施設・設備を整備するための援助

更新 2018年9月時点
710
学校名

パリ日本人学校

Institut Culturel Franco-Japonais

地域 欧州
所在地 フランス
HP http://www.parinichi.com/
在籍者数

0名 (2018/9/1現在)

受け入れ

条件付きで受け入れる

条件
・基本的生活習慣の自立
・保護者、シッターの付き添いが可能である
・事前の個別相談の上、受け入れを判断する
学年

全学年

障害種類

軽度の障害

担当者/資格

担当者:1名
資格保有者:3名

特別支援学級

なし

取り組み

個のニーズに応じた指導。特別支援教育コーディネーターが特別支援教育委員会を開いたりして対応している

配慮
<教育面>個に応じた取り出し授業の実施
<設備面>子ども達が集う教室の設置
相談先

あり(独立行政法人 国立特別支援教育総合研空所)(財団法人 海外邦人医療基金)

他の連携

なし

希望する支援
保護者との子ども達に対する教育指導の共通認識。特別支援担当教員の配置(加配として)
更新 2019年9月時点
720
学校名

ワルシャワ日本人学校
Japanese School in Warsaw  

地域 欧州
所在地 ポーランド
HP http://www.japoland.pl/gakko/
在籍者数
受け入れ
受け入れる
*児童生徒の状況などを考慮し、通常学級での受け入れが可能な場合、運営委員会の承認のもと、受け入れが可能な場合がある
条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み

校務分掌に特別支援教育担当者を配置し、対応に当たっている

配慮
<教育面>通級指導、個別指導を取り入れ、指導に当たっている
<設備面>個別指導の教室を確保している
相談先

特になし

他の連携

特になし

希望する支援

特別支援学級の設置とそれに伴う派遣教員の配置

更新 2018年9月時点
740
学校名

ロンドン日本人学校

The Japanese School in London

地域 欧州
所在地 英国
HP http://www.thejapaneseschool.ltd.uk/nihonjingakko/
在籍者数
受け入れ
受け入れていない
理由:現状として、人的・物的環境が整っていないため
 
条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級
平成30年度現在 特別支援学級はない
取り組み
配慮
相談先
他の連携

なし(転出入に関しては通常の手続きや問い合わせ等には応じている)

希望する支援

専門的な知識を持った教員の人的支援

更新 2019年9月時点
760