日本人学校の障害児受け入れ状況一覧 Ⓒ2006-2018Group With

学校名

北京日本人学校

The Japanese School of Beijing

地域 アジア
中国
HP http://jsb.official.jp
在籍者数
受け入れ

支援態勢(主に人的態勢)及び施設,設備面において充分な支援ができないので、原則受け入れていない
編入学後に支援の必要性があれば個別に支援していく
(平成18年度に一時特別支援学級が開設されたが、現在はない。今、学校独自に通級指導教室を設け、保護者の了解の下、取り出し通級指導を行っている)

条件

事前に相談を受け、検討・判断の後、本人との面談を実施する。対象児童の学習や生活の状況・程度により受入れられるかどうかを最終決定する

学年

小学1年から小学6年

障害種類
担当者/資格

担当者:1名
資格:特別支援学校教員免許所持者2名

特別支援学級

なし(設置予定  なし)

取り組み
1.現在、特別支援通級教室で4名の児童が通級指導を受けている。今後も編入学後
に特別支援の必要性が判明した児童に対し個別支援計画を立て、通級やT.T等での個別  指導を実施していく
2.特別支援教育委員会を設置し、編入学後の通常学級において特別支援教育が必要な児童生徒の把握や個々の支援教育体制、計画の構築並びに指導の経過や結果を適宜検討していく
配慮
<教育面>個別の教育支援計画を立て、実施している
<設備面>特別支援教育に必要な設備・機器、教材等は、支援対象児童の学習内容に応じて考慮する
相談先

特別支援教育総合研究所・発達障害教育情報センター

他の連携

なし

希望する支援
施設の整備
更新 2018年9月時点
010
学校名

上海日本人学校 虹橋校

Shanghai Japanese School

地域 アジア
中国
HP http://www.srx2.net.cn/
在籍者数
受け入れ

受け入れる

条件

WISC3・4等の発達検査及び医師の診断・原籍校の担任からの情報・保護者及び本人との面接結果を基に、校内の就学指導委員会で検討・決定する
編入希望者はホームページに記載の案内に従い申し込み。特別支援編入学説明への出席
本人及び保護者との面接

学年

小学校1年生から6年生

障害種類
担当者/資格
特別支援学級
あり  
名称:虹の子
定員:あり 
問い合わせ先: 虹橋校 電話又はメール
取り組み

特別支援学級での学習と交流級での学習
特別支援教育コーディネーターの配置

配慮
<教育面>
個別の支援計画の作成
 
<設備面>
特別支援学級を1学級専用として設置
相談先

なし

他の連携

なし

希望する支援

特別支援教育の資格を有し、指導経験のある教員の確保が必要
専門的知識を有する医療機関との連携

更新 2018年9月時点
020
学校名

上海日本人学校 浦東校

Shanghai Japanese School Pudong Campus

地域 アジア
中国
HP http://www.srx2.net.cn/sjs-pudong/
在籍者数
受け入れ

WISC3・4等の発達検査及び医師の診断・原籍校の担任からの情報・保護者及び本人との面接結果を基に、校内の就学指導委員会で検討・決定する

条件

編入希望者はホームページに記載の案内に従い申し込み。特別支援編入学説明への出席。本人及び保護者との面接

学年

小学校生(在籍状況により変化)

障害種類

知的障害、情緒障害等

担当者/資格
担当者:2名
特別支援学級
あり    
名称:すずかけ学級  
定員:あり
問い合わせ先:浦東校教頭
取り組み
特別支援学級独自の学習を実施
配慮
<教育面>
個別の支援計画の作成 
児童生徒一人一人に交流学級を設け、主に学校行事を通して交流
相談先

特になし

他の連携

なし

希望する支援
特別支援教育の資格を有し、指導経験のある教員の確保が必要
専門的知識を有する医療機関との連携
進路相談。特に義務教育終了後について
更新 2017年9月時点
030
学校名

大連日本人学校

The Japanese School of Dalian 

地域 アジア
中国
HP http://www.japanda.cn/
在籍者数
受け入れ
受け入れが困難である
理由:毎年検討はしているが、現時点では施設設備、および人的側面において、対応が困難である
条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み
配慮
相談先
他の連携

現地の小学校・中学校とそれぞれ交流しているが、児童生徒の直接の転出・転入はない

希望する支援

何よりも、文科省による予算面・人事面での支援が必要

更新 2018年9月時点
050
学校名

杭州日本人学校

Hangzhou Japanese School

地域 アジア
中国
HP http://www.hzjschool.com/
在籍者数
受け入れ

保護者・本人と面談の上、受け入れを検討する

条件

保護者による送迎
もしくは、保護者会で運営する学校送迎バスに一人で長時間乗り、座っていられること

学年

面談により判断する

障害種類
担当者/資格

専任の担当者・有資格者はいない

特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み

・保護者が医療機関での受診結果を本校に提出し、個別の支援の仕方について担任や管理職と充分に相談したうえで通常の学級における指導を行っている
・毎月特別支援教育委員会を開き、個別の指導について確認、検討を行っている

配慮

<教育面>全校行事などでは、個別に休憩の回数を多くとるなどさせている
<設備面>特になし

相談先

特別支援教育総合研究所・発達障害教育情報センター

他の連携

なし

希望する支援

カウンセラーの巡回指導など。ただし学校には予算はなく、国や関係機関による支援が必要

更新 2018年9月時点
060
学校名

広州日本人学校

Japanese School of Guangzhou

地域 アジア
中国
HP http://jsgcn.com/
在籍者数
受け入れ

原則、受け入れていない 
理由:支援体制が整っていないため(主に人的、施設・設備面等)

条件

事前に相談を受け、検討後、本人・保護者と面談を行う。対象児童の学習、生活状況を確認の上、受け入れが可能であるかどうかを判断。理事会で承認。
(他の児童への学習・運動の機会を妨げる行動をしない。特別な支援が出来ないことを理解した上で、必要に応じ、保護者の
付き添いを行える等)

学年
障害種類
担当者/資格

担当者なし

特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み
配慮
相談先

特になし

他の連携

なし

希望する支援

適切な人員を確保するための資金援助・補助
文科省による予算面、人事面での支援
特別支援教育の資格を有し、指導経験のある教員の確保
相談できる医療機関との連携

更新 2018年9月時点
070
学校名

深セン日本人学校

Japanese School of Shenzhen 

地域 アジア
中国
HP http://www.jsszcn.com/
在籍者数

支援により通常の学級で活動できる在籍者はある

受け入れ

原則として、受け入れはしていない(応相談)
理由:支援体制(主に人的体制)及び施設・設備面から、支援が難しい

条件

必要な支援が、学級担任(通常の学級)・教科担任の配慮で対応できる範囲であること
保護者の学校への理解と十分な協力が得られること

学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級

なし(設置予定: なし)

取り組み

職員研修、児童生徒交流会において各クラスの情報交換を2カ月に1度行っている。
通常の学級における配慮を要する児童生徒については、ケース会議を実施し、学校でできる必要な対策を講じる。

配慮
相談先

なし

他の連携

保護者の了解のもとでの支援計画等の引き継ぎは可能です

希望する支援

(このリストをご覧になった本校入学希望の保護者へ)
児童生徒に必要な支援は程度・種別ともに多岐に渡ります。本校への入学が可能かどうか、自身で判断されず、ご相談ください

更新 2018年9月時点
090
学校名

青島日本人学校

Qing Dao RibenRen Xue Xiao

地域 アジア
中国
HP http://www.qingdaojs.org/
在籍者数
受け入れ
状況に応じて、受け入れを判断する
条件

保護者の送迎が難しいなら、PTAで運営している学校送迎バスに一人で長時間乗り、座っていられることが条件

学年

面談時、状況に応じて判断

障害種類
担当者/資格

担当者:資格・免許はない

特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み

児童生徒指導担当が、特別支援教育コーディネーターを兼ねる形で取り組んでいる。 
個別の支援計画については、担任が、保護者と共有しながら作成していく。
相談の際は、保護者からの意見や要望もお聞きしながら、学校ができる具体的支援、家庭の役割についても確認していく

配慮

車いす対応のトイレ・エレベーターの設備

相談先

児童生徒が日本で関わった専門機関との情報共有 

他の連携

児童生徒が転出する場合、転出先に状況を伝えることは実施している

希望する支援

特別支援学校教諭免許がある教員の配置
学校で、特別支援教育に対する体制を構築すること
運営理事会、保護者等、学校関係者の理解

更新 2018年9月時点
100
学校名

台中日本人学校(台中市日僑学校)

Taichung Japanese School

地域 アジア
台湾
HP http://tjs.ehosting.com.tw
在籍者数
 
受け入れ
教職員数や教室の関係から、これ以上の受け入れはとても困難な状況ですが、障がいの内容や程度、諸条件等を勘案して、総合的に判断します
条件
○事前に障がいの内容や程度を詳しくお知らせください
○保護者及び本人と面談し、例えば、お子さんと一緒に登校し学校生活の支援をするような、保護者の全面的な協力が得られること
学年
障害種類
担当者/資格

専門的にかかわる担当者はいないが、校務分掌の中に特別支援教育担当を2名配置
免許保持者0人

特別支援学級

 なし(設置予定:なし)

取り組み
配慮
相談先

あり(臨床心理士の会 With Kids)

他の連携

特別支援教育に関しては、今のところしていない

希望する支援

専門的な知識・技能を有する教員の配置、教室の確保、保護者の協力

更新 2018年9月時点
130
学校名

高雄日本人学校(高雄市日僑学校)

Kaohsiung Japanese School

地域 アジア
台湾
HP http://www.kjs.kh.edu.tw/
在籍者数
受け入れ

障害の内容程度により、諸条件と併せて受け入れを判断する

条件
学年
障害種類

障害の内容程度により、諸条件と併せて受け入れを判断する

担当者/資格
特別支援学級

なし(設置予定: なし)

取り組み
配慮

<教育面>
教科により複数教員の配置
<設備面>
身障者用のトイレは、各校舎各階に配置

相談先

臨床心理士の会 With Kids

他の連携

なし

希望する支援

専門教員の配置、障害に応じた教材教具・環境整備、保護者との連携が大切だと考える

更新 2018年9月時点
140
学校名

泰日協会学校(バンコク日本人学校)

Thai-Japanese Association School

地域 アジア
タイ
HP http://www.tjas.ac.th/
在籍者数

16名(2017/9/1現在)

受け入れ

受け入れる(障害の内容や程度により、諸条件と併せて受け入れの可否を判断する)

条件

特別な介助を必要とせず、基本的生活習慣が自立していること

学年

小学部1年生から小学部6年生

障害種類

知的障害または自閉症・情緒障害特別支援学級への就学が適切であると判断される児童

担当者/資格

担当者:6名(特別支援学校教諭免許保有者3名)

特別支援学級
あり   
名称:なかよし学級
問い合わせ先:小学部教頭
取り組み

・特別支援学級における通常学級との交流学習、個別の教育支援計画・個別の指導計画の作成
・通常学級における軽度発達障害<LD、ADHD、高機能自閉症等>の児童生徒への支援
 (通級、学習支援ボランティアなどのクラスへの入り込み)

配慮
<教育面>
・個別学習、小集団での学習など、様々な形態で学習を行っている
・個々の実態に応じて、交流学級での教科や参加形態を決めている
<設備面>
・3学級3教室体制
・主に学年を基準として学級を分けている
相談先

特になし

他の連携

日本の学校からの転入、日本の学校への転出時には、必要に応じて情報交換を行っている

希望する支援

・保護者との連携・協力(編入学前後の正確な情報交換、共通理解等)
・特別支援教育の資格を有し、指導経験のある教員の確保
・医療機関や専門家との連携

更新 2017年9月時点
150
学校名

泰日協会学校シラチャ校(シラチャ日本人学校)

Thai Japanese Association School Sriracha

地域 アジア
タイ
HP http://www.tjas.ac.th/
在籍者数
受け入れ
事前に保護者と十分な話し合いを行い、受け入れが可能かをお伝えする。
(なるべく早い段階で、本校ホームページの問い合わせフォーム「特別な配慮を要するか」の欄で「配慮を要する」にチェックを入れてご相談いただきたい)

条件

本校の施設・人員体制での受け入れが可能と認められること

学年

小学部全学年

障害種類

要相談

担当者/資格

担当者2名(内、特別支援学校教諭免許保有者1名)

特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み

・特別支援教育コーディネーターを設置している
・通級指導教室を設置している
・学校カウンセラーが毎月1回程度来校するため、必要に応じて連携を図る

配慮
<教育面>
・通級指導教室にて個別の支援を行う 
・通級指導教室に通う児童について、個別の教育支援計画を作成し活用している
・支援や配慮を要する児童生徒について、ケース会を開いたり、特別支援教育コーディネーターと担任、保護者とで支援方法を検討したりする
<設備面>
通常の教室の半分の大きさで、通級指導教室を2教室設置している
相談先

特になし

他の連携

プーケット補習校/

転入時:保護者の了解の下、必要に応じて前籍校へ連絡を入れる。医療機関等からの情報提供も受ける場合がある。
転出時:本人や保護者、転出校の必要に応じて、連携を図る。通級指導教室対象児童については、本校で作成した個別の教育支援計画等を保護者を介して、転出校へ届ける。

希望する支援

タイのシラチャには、児童生徒に教育的支援を行うための関係機関がない。そのため、校内でケース会や支援委員会、研修会を開いて、子供達の教育と支援にあたっている。タイ国内や日本の医療機関、発達支援センター等の関係機関と連携を図ることの必要性を感じている。

保護者のみなさまには、編入を考え始めた時期から、まずは日本の学校や医療機関、福祉機関に相談してほしい。そして、お子様の実態と関係機関との話し合いの内容をなるべく早い段階で本校に伝えてほしい。

大事なお子様の未来を見据え、今現在の1日1日をどのように過ごしていくことがお子様にとって最善なのか、ご相談をお受けして一緒に検討したいと考えている。

更新 2018年9月時点
160
学校名

シンガポール日本人学校小学部チャンギ校

The Japanese School Primary School,Changi Campus

地域 アジア
シンガポール
HP http://www.sjs.edu.sg/changi/
在籍者数

31名 在籍は通常学級(2018/9/1現在)

受け入れ

小学部チャンギ校のみ、受け入れ可能

条件

原則として障がいの程度や受入体制などを考慮し、年に一回10月の就学指導委員会で面接・児童観察等を実施して判断する
(平成31年度の申込みは期間は、平成30年9月1日から28日)

学年

小学校1年生から6年生

障害種類

知的障害、自閉・情緒障害、発達障害など

担当者/資格

担当者:特別支援教育部
      特別支援教育コーディネーターを含む12名
資格:  特別支援学校教諭免許保有者:5名
      特別支援教育経験者:7名
    

特別支援学級
なし(特別支援教室あり)
 
名称:3つの特別支援教室(ドリーム、ステップアップ、トライアングル):通常学級に在籍し、通級する形の3種の教室
 定員:定員はあり
 問い合わせ先:「特別支援教育について」小学部チャンギ校、「編入学について」 シンガポール日本人学校事務局
取り組み

(1)特別支援教育コーディネーターを中心にインクルーシブ教育を展開
(2)保護者との就学・進路相談や個別の教育支援計画及び個別の指導計画の作成により、継続的で発展的な支援を実施
(3)通常学級におけるユニバーサルデザイン授業の研究推進

配慮
<教育面>
個の障がいや成長に応じた教材教具を活用し授業を行っている
自立活動や生活単元学習など、体験的な学習の充実を図っている
<設備面>
特別支援教室(自動ドア、トイレシャワー等の設備あり)、エレベーター、バリアフリーなど
相談先

特別支援教育総合研究所、シンガポール日本人会クリニック

他の連携

《現地校との連携》 実施しない(まず、校内の通常学級との連携を重視しているため)
《情報交換について》 必要に応じて、前籍校や帰国先の学校等と実施

希望する支援

特別支援教育を担当する文科省派遣の教員配置、施設・設備の整備

更新 2018年9月時点
170
学校名

ジョホール日本人学校

The Japanese School of Johor

地域 アジア
マレーシア
HP http://www.johor.kiramori.net/index.html
在籍者数
受け入れ

受け入れは困難である 
理由:教員、施設設備等の実情から、受け入れる余裕がない

条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級

なし

取り組み

定期的に校内特別支援教育委員会を開催し、児童生徒への指導・支援について共通理解を図っている

配慮
相談先
他の連携
希望する支援

特別支援教育を担当する教員の配置、施設・設備の整備

更新 2018年9月時点
190
学校名

ペナン日本人学校

Penang Japanese School

地域 アジア
マレーシア
HP http://www.mypjs.com/
在籍者数

0 名 (2018/9/1現在)

受け入れ
受け入れは困難である
理由:現在の施設及び教員道の実情から受け入れる余裕がない 
条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み

各学級における軽度発達障がいがあると思われる児童生徒への支援 (サポート役の教員の配置)

配慮
相談先

特になし

他の連携

学校間交流として、複数の現地校と定期的な児童生徒の交流は行っているが、特別支援に関する具体的な情報交換の例はまだない

希望する支援

担当する教員の人的配置と教員自身の特別支援教育に関する理解と実践的な対応に関するスキルアップが必要。施設に関しても教室等の増築のための予算確保が必要である

更新 2018年9月時点
200
学校名

コタキナバル日本人学校

Kota Kinabalu Japanese School

地域 アジア
マレーシア
HP http://www.sabah.edu.my/kjs
在籍者数

0名(2018/9/1現在)

受け入れ
受け入れが困難である 
理由:教師の数が少なく、人的配置が整っていない。また小規模で複式学級があり、その上での対応は難しい
条件
学年
障害種類
担当者/資格

担当者:特別支援教育の免許保持者0名

特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み

障がいの有無にかかわらず、特別支援教育の趣旨を生かした教育を進めたいと考えている

配慮
<教育面>
一人一人の発達段階や個性をふまえた教育
<設備面>
現在のところ配慮が難しい
相談先

なし

他の連携

定期的な交流が中心である。 インターナショナルスクールと現地私立校の2校と情報交換を行っている

希望する支援

人的な配置と職員研修

更新 2018年9月時点
210
学校名

ジャカルタ日本人学校

Sekolah Jepang Jakarta

地域 アジア
インドネシア
HP http://www.jjs.or.id/
在籍者数
受け入れ

・本校には特別支援学級が設置されておりません。そのため、現在、特別支援学級や特別支援学校に通級ないし在籍している児童生徒に対し、同様の支援を行うことはできないため、入学をお断りしております

・医療的なケアが必要な児童生徒の入学もお断りしております。児童生徒が介助や補助を必要とせずに自立して学校生活を送る能力を有すると、本校が認めた場合に入学を許可いたします 

条件

事前に障がいの内容や程度をお知らせいただき、本校の諸条件等を勘案して受け入れの可否を判断します

学年

 小学部1年から6年

障害種類
担当者/資格

 担当者:3名  (特別支援学校教諭免許保有者 2名、特別支援教育経験者 1名)

特別支援学級
なし(設置予定:なし)
取り組み

通常の学級に在籍する軽度の障がいをもつ児童に対し、国語・算数を中心に「取り出し授業」を実施

配慮

<教育面>
個別の支援計画に基づく教科指導の実施
<設備面>
 エレベーター設置

相談先

特になし

他の連携

ケースに応じた連携、情報交換を実施

希望する支援

・特別支援教育の資格を有し、指導経験のある教員の恒常的・安定的確保
・学習環境の整備
・保護者及び教員を対象にした専門家(医師や臨床心理士等)による継続的な相談窓口やスーパーバイズ機能

更新 2018年9月時点
220
学校名

バンドン日本人学校

Bandung Japanese School

地域 アジア
インドネシア
HP http://www.bjs.sch.id/
在籍者数

0 名 (2018/9/1現在)

受け入れ
どんな支援が必要であるかを協議させていただき、保護者の協力もいただきながら、できるだけ受け入れる方向で考えている
条件

教員の数が限られておりますので、支援の内容によっては難しいかもしれませんので、まずはお話をさせていただきます

学年
障害種類

知的障がいや情緒障がい、聴覚障がい、身体的な障がいなど支援の内容によっては受け入れ可能

担当者/資格

担当者:特別支援教育コーディネーター 
 資格を持っている教員も複数名いる

特別支援学級

なし(設置予定:今のところなし)

取り組み
配慮
相談先

なし

他の連携

なし

希望する支援

(1)教員定数増が望ましいが、現状では教員配偶者や障がい児童生徒の協力をいただくことが必要だと思います。
(2)教室等の環境整備 障がいによっては車いす対応等の必要が出てきます。
(3)教員の特別支援教育に対する研修

更新 2018年9月時点
230
学校名

ニューデリー日本人学校
Japanese School New Delhi

地域 アジア
インド
HP http://www.ndjs.org/
在籍者数
受け入れ

受け入れは困難である。
理由:個別指導を行うための十分な数の担当教員や教育支援員を配置するのが難しい

条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み

・ 特別支援教育コーディネーターを校務分掌におき、校内委員会を定期的に開催し、情報交換を行っている
・教育支援員1名を配置し、支援の必要な児童生徒の支援に当たっている

配慮
 <教育面>
 研修会を実施し、発達障がいへの理解を深めるとともに、効果的な支援について検討している
 <設備面>
 新校舎にエレベーターを設置している
相談先

特になし

他の連携

特になし

希望する支援

 受け入れに当たっては、人的、物的支援が何より必要である。まずは、特別支援教育担当教員を文部科学省から派遣していただきたい

更新 2018年9月時点
250
学校名

ムンバイ日本人学校

JAPANESE SCHOOL OF MUMBAI

地域 アジア
インド
HP https://Japanese-school-of-mumbai.jimdo.com/
在籍者数
受け入れ
受け入れが困難である
理由: 少人数学校のため、受け入れ対応できる職員がいないため 
条件
学年
障害種類
担当者/資格
特別支援学級

なし(設置予定:なし)

取り組み
配慮
相談先
他の連携

現地校との情報交換はありません。(児童生徒の実態によって、必要に応じて行う)

希望する支援

受け入れるための、人的、物的(教室等)な保障が必要と考えます。また全職員が特別支援教育に対する理解を深めるための、情報提供・研修の機会などがあるとありがたいです

更新 2018年9月時点
260